わたしたちヤマコーは、環境商品であるプラダンをお客様に購入いただいております。
しかし私たちはプラダンがいずれ廃棄されるという未来まで追うことができていませんでした。

ゼロ・エミッション達成へ向けてのステップ

貴社社内プロジェクトの立ち上げ

複数の部門がかかわることになります。
単独部署ではなく、全社プロジェクトとして実施していくことが成功の鍵になります。

紙段ボールからプラスチックダンボールへ切り替える

金属鋲を使わない、エコ仕様のプラダンケースをご提案いたします。

回収ルートを確立する

使用し終わったプラダンケースを回収・リサイクルいたします。
標準ではパレットを製造いたします。独自仕様のパレットを作ることも可能です。

再生品を自社で使用する

出来上がった再生品を自社で使用することで、環境への取り組みが万全であるというアピールになります。

ポイント

ケースの設計・製造納品から回収・再生、再生品の製作までトータルにご提案させていただくことが可能です。

ゼロ・エミッションへの取り組みとして、実施することができます。

産廃(ゴミ)として廃棄していたものを有価物として買い取らせることで、原料扱いに変える(ゴミではなくなる)。

回収したプラダンを再生。

再生品(主にパレット)を再度自社で使うことによって循環させることができる。(※)

プラスチックであれば分別不要。

自社ルート便への混載で配送コストをゼロに。

パレット以外(成型コンテナなど)のリサイクル商品もご用意できます。また、ロットによりオーダーメイドサイズのパレットも製作可能です。お気軽にお問い合わせください。

ご担当者様別メリット

購買部門

1.

樹脂を有価物として引取らせていただきます。
その金額を購買部門の経費から差し引いていただくことも可能です。

2.

樹脂の有価物をお持ちでなくとも、リサイクル商品をご購入 いただくことはもちろん可能です。
御社の取扱い商品のラインナップに新しく「リサイクル商品」 を加えることができます。

3.

オーダーメイドでリサイクルパレットやリサイクルコンテナなど製作可能です。(金型製作費別途)

環境対策部門

1.

今まで「ゴミ」として捨てていらっしゃったプラスチックを「有価物」として引き取りますので「ゴミ」の量が減ります。

2.

プラスチックであれば分別不要のため、手間が省けます。

環境対応仕様

ヤマコーではプラダンケースを金属製部品を使用せず、ポリプロピレンの単一素材のみで作ることができます。再生時に分別する必要がなくなるため、単一素材化が進んでいます。

超音波加工

超音波を使って樹脂を溶かし、スポット接着する方法です。

熱溶着

熱を使って樹脂を溶かし、のり面全体を接着する方法です。

電話口で回答が難しい案件もございます。
なるべく初回お問合せ時はメールフォームより必要事項を記入の上お問合せください。

このページのトップへ

  • 株式会社ヤマコー
  • PLADAN.COM
  • プラダン
  • 通い箱
  • オリウス
  • プラダンカタログ
  • プラダン看板
  • アウトレットプラダン